青島凌也(東海大相模)のwiki情報!出身中学は?球種やフォームも

青島凌也選手は、2014年夏の甲子園
神奈川県代表・東海大付属相模高校の選手です。

ポジションはピッチャーで、
背番号1を付けています。

プロにも注目されている選手の
一人でもあるようですよ。

そんな青島選手の出身や中学などの
プロフィール情報を知りたいという
声があったので調べてみました。

球種やフォームについても
気になる方が多いようなので、

そちらについても触れていきますね!

青島凌也のwiki情報!出身は?

名前:青島凌也
学年:3年生
ポジション:ピッチャー
出身地:愛知県名古屋市
身長:178cm
体重:78kg
投打:右投げ右打ち

青島凌也 出身

名前の読み方は「あおしまりょうや」です。

今年3年生ですので、今大会が
最後の甲子園となります。

出身地愛知県名古屋市で、
中学も地元ですが、

高校進学時に、50校以上の高校に
スカウト
をされて、

甲子園で優勝できる学校
という理由から、

神奈川県にある東海大付属相模高校を選んでいます。

身長178cm体重78kg

今大会では180cm超えの投手が多い中、
恵まれた体格とは言いにくいですが、

右腕で投げられる球は安定していて、
打ち崩すのは難しいと言われているようです。

青島選手は、小学校2年生の時から
六田ファイターズというチームで野球を始め、

小学校6年生の時には
ドラゴンズジュニアの抑え投手として活躍するなど、

昔から有名だったみたいですよ!

青島凌也の出身中学はどこ?

スポンサーリンク

青島選手の出身中学校はどこなんでしょうか。

青島凌也 中学

情報によると、愛知県にある
名古屋市立扇台中学校を卒業しているみたいです。

しかし、中学校では部活ではなく、
軟式野球のクラブチームで練習していたんだとか。

高校やプロを見据えて、
硬式野球チームに入るのはよくある話ですが、

軟式野球のクラブチームに入った
という話はあんまり聞きませんね。

青島選手は愛知県にある
東山クラブというチームに入っていたのですが、

どうやらこのチーム、
中学軟式野球チームの強豪で、
数々の大会で優勝しているみたいです。

青島選手が3年生の時には、
全国大会で準優勝もしています。

野球がかなり強いチームということで、
惹かれたんでしょうね。

青島凌也の球種やフォームについて

青島選手の球種やフォームを見ていきましょう。

まずはフォームですが、
動画を見たほうがわかりやすいですね。

足を腹の高さまで上げて、
腰を落として沈み込み、

着地時に左ひざを曲げて、
鋭く力強く腕を振って投げ、

球を離した後に下を向くという
豪快で個性的なフォームです。

ソフトバンクの岡島選手に似てる
よく言われているそうですよ。

続いて球種ですが、

・ストレート
・ツーシーム
・カットボール
・シンカー
・スライダー
・カーブ
・チェンジアップ

これらが持ち球だそうです。

最速145km/hのストレートに、

130km/hのカットボール
100km/hのチェンジアップなど

多彩な変化球を投げられて、
どの方向にも曲げられるという感じです。

コントロールもまとまりがあって、
球種も予測がつきにくいので、

相手打者にとっては相当難しい投手でしょう。

青島凌也 球種

神奈川県予選では、
7試合中6試合に登板

その内3試合は先発起用と、
相当監督に信頼されているのがわかります。

失点も少ないので、甲子園でも
引き続き好調な投球を見せてほしいですね!

 

というわけで、今回は東海大相模の
青島凌也選手をピックアップしました!

東海大相模は、青島選手以外の投手も
プロに注目されていて、

無理することなく
継投で勝ち上がれる実力を持っているので、

甲子園でも好成績を残せるでしょう。

東海大相模の他の投手の記事も
書いたのでどうぞご覧ください!

・決勝で20奪三振のプロ大注目投手!
 吉田凌選手の記事はこちら!

・内角攻めが持ち味の2年生投手!
 小笠原慎之介選手の記事はこちら!

・体格を生かした投げ下ろしが武器!
 佐藤雄偉知の記事はこちら!

青島選手はドラフト候補とも
いわれているそうなので、

甲子園後の進路にも注目しましょう!

似たような記事を読みたい方は下にスクロール!


スポンサーリンク
スポンサーリンク

最後まで記事を読んで頂きありがとうございました。この記事が役に立ったのであればSNSで広めてくださると嬉しいです。


当サイトでは他にも世間の方が気になると思われる記事をたくさん用意してますので、暇つぶしにでも徘徊してみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP