朝山広憲(作新学院)のwiki風まとめ!出身中学は?球種やフォームも

朝山広憲選手は、2014年夏の甲子園
栃木県代表・作新学院高校の選手です。

ポジションはピッチャーで、
チームのエース的存在となっています。

まだ2年生ですが、
スカウト陣は既に目を付けているようですね。

そんな朝山選手の出身中学などの
プロフィール情報を知りたいという
声があったので調べてみました。

球種やフォームも気になるという方が
多いみたいなので、

そちらについても触れていきますね!

朝山広憲のwiki風プロフィール!出身は?

名前:朝山広憲
学年:2年生
ポジション:ピッチャー
出身地:神奈川県
生年月日:1997年11月25日
身長:175cm
体重:73kg
投打:右投げ左打ち

朝山広憲 出身

名前の読み方は「あさやまひろかず」です。

今年2年生ですが、エースとして期待されています。

1年生の春からベンチ入りして、
1年生の夏には甲子園にも出場し、
全3試合でリリーフを任されました。

その時の記録は13.1回11奪三振4失点
充分な好成績を残しています。

出身地神奈川県だそうですが、
中学校時代には栃木県にいます。

栃木県の強豪校ということで、
作新学院高校を選んだんでしょうね。

もしくはスカウトされたのでしょう。

誕生日11月25日と、
クリスマスの1か月前になっていますね。

身長175cm体重73kgと、

今大会で注目されているピッチャーは
180cm以上の長身選手が多い中、

この身長でもかなりの存在感を出しています。

朝山広憲 フォーム

右腕から投げる球はプロも注目するほど
非常に評価が高いですが、

バッティングの方も非凡で、
野手としても同等のセンスを持っているといわれています。

そのセンスは、父親譲りと言われていて、

父は桑田選手や清原選手が1年生の頃の
PL学園主将をやっていたそうです。

小学校3年に野球を始めて、

6年生の頃には父が監督をやっていた
真岡クラブというチームで
全国大会にも出ているなど、

その頃からすごい選手だったみたいですね。

朝山広憲の出身中学はどこ?

スポンサーリンク

朝山選手の出身中学校はどこなんでしょう。

朝山広憲 中学

調べてみると、
真岡市立真岡中学校であるとわかりました。

栃木県にある学校になりますね。

しかし、中学では部活ではなく、
真岡ボーイズというチームに入っていたみたいです。

部活は軟式野球が一般的ですが、
このチームは硬式野球チームなので、

おそらく、中学から硬式に慣れておく
という考えで入ったんでしょう。

父親の教えかもしれませんね。

朝山選手は、そこでピッチャー4番
務めていたそうですよ。

朝山広憲の球種やフォームは?

朝山選手の球種やフォームの情報を見ていきましょう。

まずはフォームですが、
動画を見たほうがわかりやすいですね。

こんな動画がありました。

こちらは去年の甲子園の動画です。

ランナーがいないときは、

大きく振りかぶって、
足を腹の高さまで上げ、

重心を落として早めに足を地につけ、
速い腕の振りで投げる

という感じですね。

思い切りが良いです。

続いて球種の方ですが、

・ストレート
・スライダー
・カーブ

3種類が確認されています。

朝山広憲 球種

最速141km/hのストレートを中心に、

110km/hのスライダー
100km/hのカーブを織り交ぜて
左右に投げ分けるという感じです。

それほど変化球の数は多くないですが、
気持ちが入った球に勢いがあって、

なかなか打ち崩すことができないんですって。

そんな球が今大会も健在なので、
今年も注目の的になることでしょう!

追記

スプリット系のボールと、
カットボールも覚えたそうです!

さらに球種の幅が広くなって、
打者にとって恐ろしい投手になりましたね!

 

というわけで、今回は作新学院高校の
朝山広憲選手をピックアップしました!

同高校のクリーンナップを任される
2年生打者の記事も書いたのでどうぞ!

安打製造機と呼び声の高い打者
添田真海の記事はこちら

朝山選手は、甲子園では120%の力を出せる
といっていて、

去年はその場で自己最高を2km/h超える
141km/hを記録するなど、

甲子園でさらに調子を上げられる
精神力を持った選手なので、
今年も期待できそうです!

一度甲子園を経験しているという
強みもあるので、その経験を生かして、

難しい試合を勝ち進んでいって欲しいですね!

似たような記事を読みたい方は下にスクロール!


スポンサーリンク
スポンサーリンク

最後まで記事を読んで頂きありがとうございました。この記事が役に立ったのであればSNSで広めてくださると嬉しいです。


当サイトでは他にも世間の方が気になると思われる記事をたくさん用意してますので、暇つぶしにでも徘徊してみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

RETURN TOP